お金について関心がある管理人が、カードローンなどをメインに飽きるまで書いてみます

知識高める系ブログ|主にお金について書いてみたい

カードローンの基本

クレジットカードとカードローンの違いとは?

投稿日:

カードローンというのは、お金を借りることが出来るもの、つまり借金するものです。また、クレジットカードはお金の支払いを後にして商品やサービスの購入ができたりお金をキャッシングで借りることが出来るもの、やはりこれも言ってみれば借金ですね。

だから、どちらも借金をするものには違いありません。

しかし、カードローンは銀行や消費者金融の発行するカードの利用です。クレジットカードは、クレジットカード会社の発行するカードを利用します。そこがまず違いの一つです。

また、クレジットカードではそれにより商品を購入することができますが、ローンカードでは商品を直接、購入することはできません。お金を融資してもらってから自分で購入する事になります。そこがもう一つの違いとなります。

その違いゆえに、利用する人の目的によりローンカードかクレジットカードかの必要性は変わってきます。ある商品が欲しいというだけであれば、クレジットカードを発行してそのカードを利用して商品を購入します。

あとは、支払いを一回払いなのか10回払いなのかリボ払いなのかをショップの人に伝えれば終わり、簡単かつ便利ですね。しかし、ここでクレジットカードではなくローンカードを選択した場合は、まずローンカードを作ります。

リボ払いの借り換えで借りるならオリックス銀行カードローン
http://maison-ami.com/

その後、ローンカードにより必要額の融資を受け、店まで行きようやく商品を購入する事になります。そして返済をその後していくことになりますね。

単に欲しいものがある場合はクレジットカードの方がとても楽だと分かると思います。しかし、これが現金が必要だということになると話は全然別なことになります。

クレジットカードでは基本的に商品購入の際の立て替え払いが役割です。お金を借りるとなると、クレジットカードにはキャッシング枠が設定されていないと不可能となります。

また、キャッシング枠が設定されていても、ショッピング枠内での借り入れ可能金額となるため、大きな借り入れはできないと考えた方が良いでしょう。

ローンカードはその点、お金を借りることに特化したカードなのでクレジットカードよりも大きな借り入れが可能な場合がほとんどです。

また、借り入れの際の金利についてもクレジットカードのキャッシングでの金利はあまり期待しない方が良いとされています。

ローンカードの金利に比べるとほとんどの場合、あまり顧客には有利ではないからです。クレジットカードのキャッシング枠はあくまでオマケ程度だと思った方が良いですね。クレジットカードは商品サービス購入のためのもの、カードローンはお金を借りる為のものです。

-カードローンの基本

Copyright© 知識高める系ブログ|主にお金について書いてみたい , 2018 All Rights Reserved.