お金について関心がある管理人が、カードローンなどをメインに飽きるまで書いてみます

知識高める系ブログ|主にお金について書いてみたい

カードローンの基本

カードローンはコンビニでの利便性も考えた上で選択しましょう

投稿日:

カードローンはその名前通り、契約後に発行されるキャッシングカードを使ってATMから借入や返済を行うことができるのが特徴のキャッシングです。大手でフリーキャッシングを利用すると、そのままこのカードローン形式での契約になることがほとんどですが、中小の消費者金融ではそうではないことも多いので注意してください。

そして、同じカードローン形式でも、契約した会社によって利用できるATMや、ATMを利用した際に発生する手数料などが大きく異なります。

大手を利用すると各種のコンビニのATMは当たり前のように利用できますが、中小の業者のカードローンではその業者の設置しているATMしか利用できないといったこともあるので、カードローンは申込みの前にこのような点をきちんと確認しておきましょう。

実際にカードローンを使い始めると、コンビニでの利便性がいかに大切かということが分かります。それは、いくら独自のATMの設置台数の多い大手のカードローンを利用しても、借入の度にその会社のATMまで行くのは現実的とは言えないからです。

例えちょうど駅前にある場合でも、その外見からいかにもキャッシングを利用すると分かってしまうこともあり、できればどこにでもあるコンビニのATMを利用できるに越したことはありません。

ただし、コンビニATMは利用できたとしても多くの場合で提携先という扱いなので、利用の都度手数料が発生してしまいます。

キャッシングの三大大手と呼ばれるアコム、プロミス、アイフルでは、いずれもファミリーマート(E-net)、ローソン、セブンイレブンのATMがこの提携先として利用できますが、1万円以下の利用では108円、それを超える金額になると216円の手数料が掛かってしまいます。しかも、手数料が掛かるATMでは借入時だけでなく、返済を行う時にも同様に掛かってしまうのです。

アイフルなら優先審査で時間をかけずに最短1時間で借り入れ可能
https://www.cardloan-time.com/consumer/aiful.html

よって、例えば2万円を借り、1ヶ月後に返済するとします。金利が18%だとすると、利息は約300円です。この時の借入、及び返済を共に手数料の掛かるATMを利用した場合、その合計は利息より高い432円になってしまうのです。このことから、ATMの手数料は決して馬鹿にできないことがわかります。

この手数料はコンビニのATMを利用するとまず避けることはできませんが、現在消費者金融のレイクALSA、銀行カードローンならオリックス銀行では、どのコンビニのATMも無料で利用することができます。もちろんファミリーマート(E-net)、ローソン、セブンイレブンの三大コンビニチェーンのATM全てに対応しています。

つまり、契約後にコンビニからの利用がメインになる場合、その後のことをきちんと考えると、金利やその他のサービス面よりこのATMの手数料を一番に考えて選択することが重要だと言えるのです。

-カードローンの基本

Copyright© 知識高める系ブログ|主にお金について書いてみたい , 2018 All Rights Reserved.